同人囲碁サークル「EduGo」

How to Use

私たちEduGo としては、コンテンツの構成を踏まえて以下のやり方を「標準的な使い方」として提示します。
(※構成についての詳細は上記リンクをクリック)

これを一読した上で、自身の「特性」と照らし合わせて利用することを推奨します。

 

「標準的な使い方」(EduGo 推奨)

 

a. はじめから学びたい方

 

①総論を一読する

 

②各論の問題に挑戦する

このとき、総論を見て考える。
その上で以下の選択肢に従う。

ひとまず答えが出せた→解答・解説に進む

見当がつかない→問題ができなくても解答・解説に進む

 

③解答・解説を読む

内容を理解できた→次に進む

内容を理解できなかった→前の問題に戻って考える

 

④ Minimum Essence を分析する

Minimum Essence と解説の対応性について吟味する。

Minimum Essence とは最低限おさえる部分であり、なぜそれがこのような形で抽出・改変されているかについて考える。

 

⑤問題に再度挑戦する

解答を論理的に導出出来るかどうかを吟味する

 

b. ある程度できる方

 

①各論の問題に挑戦し、解答を確認する

論理的に正答を導き出せた→次の問題に進む(おわり)

正答は分かるけど、論理に不安がある→解説に進む

問題の時点で見当がつかない→ a のルートに準じる

 

②解説を読む

内容を理解できた→次に進む

内容を理解できなかった→前の問題に戻って考える

 

③ Minimum Essence を分析する

Minimum Essence と解説の対応性について吟味する

Minimum Essence とは最低限おさえる部分であり、なぜそれがこのような形で抽出・改変されているかについて考える

 

④問題に再度挑戦する

解答を論理的に導出出来るかどうかを吟味する

 

 

おまけ

解説以下の部分の把握レベルを確認するならば、Minimum Essence に関するプレゼンを行うのが一番分かりやすい方法である。

ex.) PDF を相手に見てもらいながら、その事柄についてプレゼンする。

 

 

 

Minimum Essence

当たり前のことですが、得られるものをただ呆然と見るだけでは、本質的には何も得られません。

見たモノから考えてください。感じたコトを考えてください。「なぜ?」が全ての始まりであり、「なぜ?」を繰り返し、答えを吟味し続けることで、理論や理屈があなたの感覚となります。

ここで記載したのは、あくまで私たちEduGo が推奨する「標準的な使い方」であり、本方法にさえ疑問を抱くのが真っ当です。

ただしその過程において、「なぜこのような使い方を明示するのか」、「なぜこのような知識の提示方法なのか」などの疑問を抱き、自分と照らし合わせながら、十分に考えてください。その上でなら、上述の方法に従ってもオリジナルの方法を編み出すのも自由です。

与えられたものを何も考えずに消費するような真似をしないことを私たちは望みます。

思考の果てで「なぜこのようなサイトを私たちEduGo は考えたのか」まで考えてくれると、私たちとしては感無量であります。

PAGETOP
Copyright © EduGo All Rights Reserved.