前回は、キリチガイについて触れました。

今回は、部分のお話で最も重要な「石を取る効率」について、ポン抜きの話を絡めながら触れていきます。

 

【図1-1】この2つの図を比較してください。どちらも黒番なら白1子が取れる形ですが、どちらが効率が良いでしょうか?

 

【図1-2】石を取るために利用した石数(手数)を考えれば分かりますね。左が4手、右が5手なので、手数がかかってない左の方が効率が良いです。

 

 

【図2-1】「捨て石」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?本図は代表的な捨て石の例を一つ取り上げました。左下の陣地が大きそうですが、実際そのためにかかっている石数を考えてみると、白石が左下に偏りすぎているという見方ができます。

 

【図2-2】代表的な捨て石の例をもう一つ。3子局ですが、上辺に白石が偏っており、右上の黒石は右辺の模様拡大に寄与してます。つまり、石を取ったとしても、全体の効率(特に経過効率)が悪い展開では「効率が悪い」と称されるわけです。

 

もう少し踏み込んで言うならば、「現在目に見える陣地」ではなく、「期待値」で陣地を考えたときどうなのか?
言い換えるならば、石数相応の陣地なのか?が重要なわけです(特に序中盤)。

 

【図3-1】石を取る観点でもうちょっと見てみましょう。白石を白1とアタリにしてみます。

 

【図3-2】当然白は白2と逃げるわけですが……、

 

【図3-3】黒3以下おいかけても白石を取ることはできず、

 

【図3-4】追いかけ続けると、今度は黒の断点の問題(白8)が発生してきます。

 

【図3-5】なので、無駄に追いかけることはせず、黒3などとキリを防ぐことになります。

 

【図3-6】さて、この段階でこの黒2子を手数をかければ取れる、と仮定してみます。黒は1, 2, 3と打てば取ることができますが、(黒石が必ず取れるのだとしたら)明らかにこの黒石(×印)が不要です。

 

【図3-8】つまり、黒3のような要らないところに黒石が発生するのだとしたら、白2と逃げることで黒に手数をかけさせたと言えるわけです。これが「捨て石」の基本的な考え方です。

 

【図3-9】逆に言うと、最小限の石数で石が取れる格好は本来発生しにくいわけです。この無駄な石なく1子を取ることを「ポン抜き」と言います。(部分的に)効率の良い形であり、俗に「ポン抜き30目」と言われるほど価値が高いとされます。

 

【図3-10】こちらは「亀の甲」と言って、俗に「亀の甲60目」なんて言います。

 

 

【図4-1】石を抜いた格好は、取られにくい格好(石の強弱の側面で強い格好)です。例えばこの形、ツケノビ定石からできる格好ですが…。

 

【図4-2】このように周囲を囲まれたとしても、まだ生きる余地があります。白Aと白Bが見合いで生きることができます。

 

【図4-3】周囲を包囲するのに何手かけたでしょうか。黒が3手余計に打ってる形です。その間白は制限なく別なところに打てるわけですから、明らかに黒のやってることは効率が悪いと言えます。

 

【図4-4】逆にこの辺に白石(白2)を増やすこともあまり面白くありません。黒に打たれても困らないところに打つのは、効率が悪いと言えます。この白2があろうとなかろうと白地の期待値は変わっていないわけです。

 

 

【図5-1】白1の打ち込みは上手の常套手段ですが、正しく対応できるでしょうか?

 

【図5-2】以前触れたとおり、サカレ形を作ってはいけません。

 

【図5-3】問題はこれです。黒はつながったから良いのではないか、と思う方がいるかもしれませんが、よくよく考えてみましょう。

 

【図5-4】明らかに黒石が多いところでしたが…(黒3対白1で次は黒番)

 

【図5-5】石数を数えてみると分かりますが、元々の石数関係(図5-4)を考慮すると、手番が白なので1手分得してます。

 

【図5-6】手順を変えて考えてみると、部分的にかなりひどいことを黒はやってます。

 

【図5-7】この局面ならば冷静に黒2のトビくらいでも十分です(図の進行は一例)。

 

 

【図6-1】続いて、抜きとサカレの関係について触れたいと思います。こういう無理矢理分断する手があります。この一連のワカレの評価はいかがでしょう?

 

 

【図6-2】もしかしたら元々黒地のところに白の拠点を作ったから、白が良いと思う人もいるかもしれませんが…

 

【図6-3】抜いた黒の方が良いことが多いです。この局面ならば、黒10以下上辺の白石とカラミ攻めにされると、右辺の黒の壁が強固でとても逃げて得する見込みがありません。

 

【図6-4】こういうときに石がたくさんある側(ポン抜きした方向)から石を増やして仕掛けるルートはいけません。中央に黒石は増えていますが、左上の白地が大きく…、

※白1は黒8のところ。

 

【図6-5】左図の状態でも十分に強い状態であるポン抜きした黒石を無駄に強化していると言えます。

 

 

【図6-6】なので、このワカレは部分的に黒良しと言えます(←この後の打ち方も考慮した上での判断ですが)。筆者の経験則ですが、序中盤の多くの場合「ポン抜き>サカレ形」の価値関係になることが多いです。これはサカレ形の利点が双方の世話をさせることに起因しているのに対し、ポン抜きにより強化された集団の世話は不要になり、もう一方の集団のみの世話をすればよくなることに起因すると考えられます。

 

【図7-1】なお、ポン抜きを許しても良いパターンももちろんあります(局面が広い場合は稀ですが)。ポン抜きが重複になってしまう場合です。たとえばこの局面。

 

【図7-2】まともに戦うと、明らかに黒が不利です。

 

【図7-3】なので、ここは緊急手段でつながってしまいましょう。ポン抜きをしたといえども近くの白石だけでも十分なところに白石が増えてるので、白としてはあまり面白くありません。これこそ「期待値」で陣地を見るとわかりやすいです。白地の期待値が全然増えてませんよね。

 

 

 

ということで、石を取る効率とポン抜きのお話、理解できたでしょうか?

少し乱雑なお話だったので、まとめます。

 

 

石を取るのに手間がかかりすぎてる効率が悪い

②大切なのは、実測の陣地ではなく、期待値で見える陣地

ポン抜きは(部分)効率が良い(多くの場合、ポン抜き>サカレ形)。

 

 

初心者のうちは、石を取ることが気持ちよい、と感じることが多いかと思います。

ですが、取る価値のない石を取っては意味がありません

本当に取る価値のある石かどうかがわかるようになりましょう。ポン抜きを喜びましょう

これが理解できれば、あなたの碁は飛躍的に変わるはずです。