ツケ―互いの石数を増やすということ―(部分効率Web版⑧)

ツケると不利になる理由、覚えてますか?

今回から部分効率シリーズで、「石の形」と俗に言われているものに触れたいと思います。 第0回を読んだ前提でお話をすすめていきますので、読...

このシリーズの第一回で触れたように、「ダメの数の側面で不利だから」と答えられれば、このシリーズを理解できている証拠です。

でも、上手の人ってよくツケてきますよね(意味が分かってやっている人とそうではない人の2種類の方がいますが)。

ツケが有効打だと考えているわけです。

あれれ~、なんかおかしいですよね。

今回は、この「ツケ」について改めて触れることで、この「ツケ」の特徴についておさえていきたいと思います。

【図1-1】(復習)ツケが部分的に不利になる理由は、ダメの数の側面で不利になるからです。

【図1-2】たとえばこの形、図1-1の続きですが、このあと白から左辺にヒラキを打つとしたらどこまでヒラキが打てるでしょうか?

【図1-3】二立三析(にりつさんせき)を考慮すれば、白1を示すでしょう。

【図1-4】白1や白3の手が利いていると考えれば、白5まで手が伸びるでしょう。

【図1-5】ただ、左下は死ぬ心配のない形です。そう考えると、ヒラキを打つ必要はなく、別のところに打つのが相場でしょう。

※生きている石から陣地を増やすというのは小さいため、左下を起点にヒラキを考える必要はなく、全体のバランスで考える方が真っ当である。

【図2-1】では、ツケが打たれるのはどういうときか? と考えると、こういうときですね、シマリがある石に対してツケる(黒1)。

【図2-2】先ほどまで出している図同様、内側からオサエると、黒7までの進行が一例です。

【図2-3】図2-2で評価したいところですが、わかりやすく類似形のこの図でまず評価してみましょう。

【図2-4】ダメの数で黒が不利な点は変わりませんが、白も白△が近いですね(∵図1-4)。つまり経過効率(重複)の問題が出てくるわけです。白は石を増やさなくて良いところに石を増やす展開とも言えるわけです。

【図2-5】図2-2の形に戻しますが、やや黒がダメに余裕があり、白は陣地をよりきっちり確保していますが、図2-4の事項はなにも変わってません。つまり、ダメの数と経過効率という別ベクトルの二つの観点でバランスが取れていると見なされているわけですね(逆に言えば、この二つの観点のバランスが崩れれば一方に不利なことになり、俗に言う「定石に囚われた」結果を生むことになります)。

【図2-6】(+α)内側から受ける手のみ触れましたが、実際は外側から受ける手もあるので、白としては前図と本図を比較して実際に手を選ぶことになります。

【図3-1】コスミツケやツケノビの定石をむやみに打つ人をたまに見かけます。これらの定石の意味を石数がどこに増えるのか?という目線で考えてみましょう。

【図3-2】まずコスミツケから。コスミツケからできるこの形は明らかに上辺の白の石数を増やしてます。

【図3-3】それは定石形である、この形と比較して分かることです。

【図3-4】上辺に石数が増えているため、コスミツケを打つことで黒1の打ち込みが打ちづらくなっている点が欠点です。

【図3-5】そして通常は、星に黒のヒラキがあるときにコスミツケを打つことが多いです。さて、ここで第0回で提示したPDFに書いてある知識を統合してみましょう。この黒の「広い幅」はどう扱うべきでしたっけ?(分からない人は、総論のPDFを読んでみてください

【図3-6】ここは白を重複させる空間でしたね。つまり、白が石数を増やしてなお、白が苦しむ分には文句がないわけですね。

【図3-7】今度はツケノビの形を見てみましょう。

【図3-8】今回も比較対象は、この受けの形ですね。

【図3-9】そうなると、黒石(黒2,4)が中央に向かって増えていますが、図3-6のように辺に黒石を増やす展開にはなりづらいです。また白は上辺に石が増えており、ヒラキの間に打ち込みを食らう心配をする必要がありません。

【図3-10】ということは、白9とワリウチを打たれて、右辺に大きな黒地をもうけることができない状況に陥るわけです。(→詳細な解説PDFはこちら

【図3-11】ツケノビが有力な局面はこういう局面です。これなら辺に白の石数が増えても元々上辺は白地になりやすいところで文句はありませんし、黒石が中央方面に増えることで右辺の黒石が役立つ位置にあります。

ということで、ツケに関してはこのくらいにしましょう。シマリへのツケの話もありますが、それはまた別の機会ということで。

今回おさえて欲しいのは、「ツケはその周囲の『石数』を増やすこと」です。

そのことにより経過効率を悪くするのが、有効な活用法です。ただ単体で戦うのはやや不利な側面があるので、その辺を天秤にかける必要があります。

あくまで囲碁というゲームは「相対的な石数」が重要なゲームです。ツケはその石数操作手段の最たるものの一つでしょう。最初は失敗も多くあると思いますが、少しずつ使えるようになりましょう。