今回からシリーズで「石の形」と俗に言われているものに触れたいと思います。

 

「石の形」というのは、部分効率の善し悪しを示す指標となっているものです。

形がよい、形が悪い、などと表現される場合、この「石の形」に起因して言われることが多いです。

 

今回は、石がぶつかったときの基本について触れていきたいと思います。

 

 

 

 

さて、全くとっかかりがないところから話しても面白みがないので、カカリの位置の話から始めます。

通常「カカリ」と言われたとき、どういう手を指すでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【図1】カカリはこういう手(黒1)ですよね。将棋で言う「ケイマ」の位置にあるので「小ゲイマガカリ」と言います。

 

 

 

 

 

【図2】本図で示すようなカドやツケのことをカカリとは言いませんし、19路盤においていきなりこういう手を打つことは比較的稀です。

 

 

では、なぜ19路盤の序盤において、通常図1のような手(カカリ)がよく打たれ、図2のような手(カドやツケ)は打たれないのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

【図3】まずカドから見てみましょう。ここに打たれた場合、白は白2と受けます。さあ、この形を吟味してみましょう。試しにダメの数を数えてみてください。

 

 

 

 

【図4】ダメの数を数えてみると、白が5つ(左側)、黒が3つ(右側)です。これは明らかに黒が不利ですね。

 

 

 

 

【図5】(+αですが)さらに局面を進めてみます。そうすると、ダメの数の優劣ゆえに白が広がるのに対し、黒は縮こまった形になってしまいます。

※上級者向けに少し言うとAのような形の急所(形を崩す着点)ができていて、これを尻目に白から手を作りやすい状況です。これについては「アキ三角」の項で触れます。

 

 

 

 

【図6】今度はツケた場合を見てみましょう。白は白2と受けたとします。先と同様、この時点でのダメの数を数えてみましょう。

 

 

 

 

 

【図7】下図に示すとおり、白が3個ずつ、黒が2個でやはり黒が不利です。

 

 

 

 

【図8】(+αですが)こちらも局面を進めてみると、白が外回りかつダメの数でも白が有利なのが明白です。

 

 

 

 

 

 

ということで、序盤早々こんな不利な状況を作るのはおかしな話です。

【図9】では、この状態で相手の石に近づきながらも(ダメの数の側面で)不利にならないにはどこに黒が打てばよいのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

【図10】そこで、最初に述べた「カカリ」の位置が出てきます。主に打たれるのは黒1(小ゲイマガカリ)ですが、A(一間高ガカリ)やその他の手が打たれることも場合によってはあります。

※この「カカリ」の違いは、隅の石の位置(星、小目など)が関わってくるので、別の機会に扱う機会があれば扱います。

 

 

 

 

 

【図11】だいぶ前置きが長くなりましたが、今回のお話は石がぶつかったときの基本です。

でも、基本型はもうすでに出てます。この二つの形です。

 

 

 

 

では、今度は「石がぶつかる」という観点で再度この形を見ていきましょう。

 

【図12】相手が石をツケてきました。どのように対処するのがよろしいでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対処方法として1パターン浮かんだ人はきっちりここまでの話を読んだ人です。2パターン思い浮かんだら、ここまでの話から筆者の言いたいことを察することができる鋭い方です。

正答は2パターンです。

【図13】一つは、ハネる手(白2)です。これにより相手のダメを減らしに行きます。

 

 

 

【図14】もう一つはノビる手(白2)です。これにより自分のダメを増やします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【図15】では、次の問題です。黒1(肩ツキ)と打たれました。どういう風に対処しますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、浮かんだでしょうか?これも対処方法は2パターンです。

【図16】一つは上にオシ(白2)を打つパターン。これにより白はダメの数の面で有利になってます。

 

 

 

 

【図17】(+α)続いて、もう一本オシてからケイマにスベリを打つのが定型の一つです。白6を手抜き黒Aと打たれるとやはりダメの数の面で不利になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

【図18】もう一つはハイ(白2)を打つパターン。これも白はダメの数の面で不利になっていません。

 

 

 

【図19】(+α)続いて、黒7までが定型の一つです。特に白4のマゲがポイントで、これにより白のダメを増やしつつ、黒のダメを減らす手になってます。

 

 

 

 

【図20】黒1に対して手抜きをして、黒3のオサエを食らってはいけません。立場逆転で、今度は黒がダメの数の面で有利になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

結語

 

 

①相対的に自分のダメを増やすのは、ノビの形。

②相対的に相手のダメを減らすのは、ハネの形。

 

まずは、相手の石が近接してきたら、この形を目指しましょう。