このシリーズも4回目になりました(まだまだ続きます)。

1回目にハネとノビについて。2回目と3回目は悪形についてで、「サカレ形」「アキ三角」でした。

この4回目のお話(と5回目のお話)は1回目の続きに近い内容なのですが、上述2つを理解せずに触れてはいけないものなので、こういう順番になってます。

ということで、1回目のお話が思い出せない人はまず戻って軽く見直してから、今回のお話をお読みください。

 

さて、今回は「車の後押し」というお話です。定義からしっかり見ていきましょう。

 

【図1-1】(定義)車の後押しとは、相手に先にノビを許し続けるオシのことです。後押しする方、つまり黒が悪い形です。

 

 

 

【図2-1】実際に良くある形で見ていきましょう。この形、いかがでしょうか?

 

 

【図2-2】黒1以下黒5とキリを打てば勝負になる…というのは勝手読みです。

 

 

【図2-3】白4と緩められ、黒5以下相手に先にノビを許すことになります。これは車の後押しで黒が悪いです。

 

【図3-1】白6, 10と車の後押しに為りかねない手ですが、捨ててしまっては白2とハサミを打った意味がなくなってしまいますので、致し方がないところです。

 

【図3-2】しかし、このままずっとハイ続けるのはよくありません。これこそ車の後押しです。

 

【図3-3】なので、3本ハイを打ってから1個トビを打つことが多いです。

 

【図3-4】この3本のハイはキリキリの筋(黒1, 3の筋により石が取られるのを防ぐためのものです。

 

【図3-5】なのでダメが詰まっていたりすると、3本ハイを打っても取られてしまいます。

 

【図3-6】星の定石形からもう一つ。黒はハネツギを打ってからトビを打つまでが定石となっています。これも3本のハイとトビがセットになった形です。

 

【図3-7】黒7でハネツギを打たずにずっとハイを打ち続けるのは、車の後押しです。黒がいけません。

 

【図3-8】これもキリキリの筋がないか、精査してみましょう。こちらからキリを入れられても大丈夫です。

 

 

【図3-9】先ほど触れなかった逆のキリにも触れます。通常「切られた方を取れ」と言われますが、この場合はすでに取れている形なので、黒4とツギます。以上で、キリキリの筋が防げていることが確認できました。

 

【図3-10】続いて肩ツキの形を見ていきましょう。黒1の肩ツキに対してずっとオシ続けるのは車の後押しです(白が悪い)。

 

【図3-11】そのため、車の後押しとダメ詰まりを避けるために白4まで打つのが定型になっています。

 

【図3-12】続いて左下から中央に向かって継続して打つなら、白6のケイマが考えられるところです。先ほど触れたとおり、ずっとオシ続けるのは車の後押しで、それを避けるための手段がこれです。

 

 

 

【図4-1】続いて、この形を見てみましょう。

 

 

 

【図4-2】定石のうろ覚えでこういうところでオシ(白1以下)続けるのは、車の後押しに加え、サカレ形を作っています。白△が要らない石になってしまいました。

 

【図4-3】正しい定石形は、白△が一路上にある形です。これなら白8以下オシたときに白△にぶつかります。こういう場合ノビを許し続けていないので、車の後押しに該当しません。

 

 

【図5-1】さて、この局面いかがでしょう(白番)?ちょうど良い感じに両側の白を攻めているところです。

 

 

【図5-2】こういう局面で白1とオシを打つ手は、車の後押しではありません。左辺の黒の問題があるので、ずっと下辺の黒を受け続けることはできません。

 

 

【図5-3】それゆえに黒4のようにどこかで下辺を放棄する必要があります。定義や先の図4-3の考え方で分かりますよね。モタレ攻めのときに車の後押しだからマズいと短絡的に考えるのは間違いです。気をつけましょう。

 

【図6-1】車の後押しが悪いということが分かったでしょうか?逆に言えば、「相手より先にノビることは良いこと」と言えます。例えば三々定石で見ていきましょう。白1, 3に対して黒は2, 4のノビるのが定石となっています。これも先にノビることが良い、ということを体現してます。

 

【図6-2】ここで黒4とハネると白5とキリを打たれ、収拾がつかなくなります。

 

【図6-3】もし白5とハイを打ってきたら、またノビ続ければ自然と黒が(部分的に)良くなります。

 

【図6-4】もしノビを打たずに黒4などと打つと、白5, 7と二段バネを打たれ、黒の形が歪んでしまいます。

 

 

 

 

 

「車の後押し」を理解できたでしょうか?3回にわたって、石の形における「悪形」の基本の三つに触れました。先の二つと比較して、最後の「車の後押し」はそれほど難しくないかと思います。

これからこの三つは何度も出てくる概念ですので、出てくる度に思い出せなければ、この記事や前の記事を読み返しましょう。