前回までは、悪形を中心に触れてきましたが、今回は良い形、特に守り方について学んでいきたいと思います。

今回のテーマは、カタツギカケツギです。

 

 

【図1-1】石のつながりとして、縦や横はつながっていますが、ナナメはつながっていません。この場合、白はつながってますが、黒はまだつながってません。

 

【図1-2】ツギの方法(石同士をつなげる方法)としては、主に2種類あります。一つは単純にタテとヨコのラインで単純につなげるカタツギです。

 

【図1-3】もう一つはカケツギという少し工夫した形です。

 

 

【図1-4】白Aに打っても、黒Bで取られてしまいます。なので、このカケツギの形もつながっていると言えます。

 

 

では、このカタツギとカケツギ、どのように違うのかを見ていきましょう。

 

【図2-1】カタツギとカケツギ、見た目から見ていきましょう。この場合、配置としては一路左に寄っているのか寄っていないのか、ですね。

 

【図2-2】この違いが顕著に出るのが黒2のマガリへの対応です。

 

【図2-3】カタツギの場合、マガリに対しては白3とハネた上で、黒4のハネに対し二段バネすることができます。

 

【図2-4】一方カケツギの場合、マガリに対して白3とハネると、黒4のアテと白5のツギの交換によりアキ三角(効率が悪い形)ができてしまいます。

 

【図2-5】黒4のハネに対し、前図のアテが残っていると困るので白5とツナぎたいところですが、黒6とノビきられてしまいます。図2-3と比較しても明らかなとおり、中央の関係が入れ替わってます。

 

【図2-6】カケツギの向きを変えてみます。この一連のお話が隅における話だと黒4以下で取られてしまいます。それだけこのアタリが利くことは大きいのです。

 

 

【図2-7】なので、カケツギの場合は、白3とノビるのが基本です。

 

【図3-1】今度は反対側のハネを見てみましょう。

 

【図3-2】カタツギの場合はハネツギの後、白Aのキリや、白Aのキリをにらんだ白Bのハサミツケを打たれる可能性が残ります。

 

【図3-3】一方で、カケツギの場合は白Aのキリがありません。カケツギがBだけではなくAにも利いています。

 

 

 

では、ここまでを一度振り返ってみましょう。

 

【Minimum Essence】

 

①ツギ方には、カタツギとカケツギの2つの方法がある。

 

②カケツギは、(相手の動きに対して)強い方向弱い方向がある。

 

③カタツギは、相手からのキリを恐れなくてよいときに有効。

 

 

さて、ここまで理解できたでしょうか?

続いて、カケツギの眼形のお話に触れていきたいと思います。これがカケツギの永遠の悩みである「ノゾキ」を考える前段階となります。

 

【図4-1】カケツギの眼形の作りやすさを指して、「弾力がある」という表現があります。ゴムみたいなイメージです。特にカケツギのAのところです。ここが眼の起点になります。

 

【図4-2】既出の図ですが、この図ならAのところに眼があることがわかりやすいでしょう。

 

【図4-3】実際の事例を見てみましょう。黒番です。眼形を持つには…

 

 

【図4-4】黒1,3の二段バネをするのが筋の一つです。黒5のカケツギによりAやBに眼形を作りやすくなりました。

 

【図4-5】実際、フクラミ(右図黒9)と隅が見合いでこの黒は容易に生きてます。

 

【図4-6】(+α)そのため、黒の二段バネに対して、眼をなくすために白はアテツギを打つ選択肢もあります。

 

【図4-7】黒5のカタツギだとやや眼形に乏しいです。

 

【図4-8】眼形のためにカケツギを打つ事例を他にも見てみましょう。星の小ゲイマジマリに対する三々のお話をみてみましょう。

 

【図4-9】黒3以下スペースを可能な限り広げますが、スペースが狭いので、黒7とカケツギを打つのが定型となってます。なお黒7でカタツギを打つと部分的にはスペースが足りなくて死んでしまいます。

 

【図4-10】黒がもし白2のハネツギを打ってきたら、黒5で白は二眼を確保して生きてます。

 

【図4-11】そのため、白2でアテてきます。これにツギを打つと、今度こそ前図の手段でスペースが足りなくなってしまいます。

 

【図4-12】そのため、黒3でコウにはじくのが定石となってます。

 

【図4-13】ハネてカケツギを打つパターンで、一線にカケツギを打つ場合もあります。

 

【図4-14】白2のノゾキに対してキリを気にして黒3とつなぐのは冴えない打ち方です。白3で死んでしまいます。

 

【図4-15】黒3と二部屋に分けながら、キリを打たせないのがポイントです。これができるときに図4-13に示すような一線のカケツギを打ちます。

 

※ヨセのための一線のカケツギに関しては今回は割愛します。

 

 

 

さて、本家本元のカケツギに対する「ノゾキ」のお話に触れていきます。

※ここからレベルが跳ね上がります。本シリーズで後日触れる「捨て石」のお話が分かっている前提で記述されています。お話をややこしくしないためなので、ご了承ください。「捨て石」については後日きっちり触れますので、お楽しみに。

 

【図5-1】(図1-4再掲)カケツギがつながっているのはAに入れないからです。

 

【図5-2】Aに入らせないという黒1に対して、次にAに入るぞと脅しを入れる目的で、白2とノゾキを打つ手があります。

 

【図5-3】(元々切られたくないから黒1と打ったため)基本は黒3とツギを打つことになりますが、これにより黒はアキ三角となってしまいます。これが白2の本当の目的です。

 

【図5-4】ただし、この白1と黒2の交換がどちらの得になっているかどうかは重要な観点です。

 

【図5-5】部分的には白1と黒2を交換したとも言えるため、この交換は黒が面白くありません。

 

【図5-6】そこで黒2の反発が考えられます。もし、白3でヒキを打ってくれれば、喜んで黒はつなぎます(黒4)。これにより、空いてない三角ができていますし、白1の利かして捨てるだけの石を救う展開になってしまい、白としては面白くありません。

 

【図5-7】白3のキリには黒4以下のシチョウで取れます。

 

【図5-8】またカケツギの急所として、白1があります。

 

【図5-9】黒2と受けたいところですが、白3以下、白がつながってしまいます。

 

【図5-10】そのため、白がつながるのを防ぐために、黒2と受けるのが通常です。

 

【図5-11】白1黒2の交換をしてしまうと、白3からの狙いがなくなってしまうのが一つの難点です。

 

【図5-12】実際に同じような形を作ってみると分かりますが、白1と黒2の交換が要らない交換です。

 

【図5-13】ノゾキの問題点を別の図でも考えてみましょう。

 

【図5-14】黒1のノゾキと白2のツギの交換を決めると、この黒3のマガリが打ちづらい側面がでてきます。黒がサカレ形になってしまうからです。

 

【図5-15】今回は白はハネても良いでしょう。

 

【図5-16】手順を変えて考えると、よく分かります。黒5で戦うなら黒A、避けるなら黒Bとアテるところですが、そこで自らのダメを詰める手を打って、白に手番を渡してます。おかしいですね。

 

【図5-17】そのため、黒としてもこの黒1と白2の交換を本当に決めて良いのかどうか、という問題も発生するわけです。

 

 

 

【Minimum Essence 2】

 

①カケツギはAやBの部分を軸に眼形を作ることができる。

 

②それを抑制するために、白Bのノゾキを打つことがある。しかし、このノゾキ(B)とツギ(A)が利かし(利益のある交換)になるかどうかの問題がある。

 

かなり量が多くなりましたが、いかがだったでしょうか?

今回は難しいテーマだったので、これから何度も見直す機会がでてくる内容かと思います。石と石のつなぎ方に疑問を持ったら、その度に振り返ってみましょう。