前回の続きで、「基本悪形」として必ずおさえて欲しい3つの2つ目について触れていきましょう。

前回触れたのは、「サカレ形」でした。今回触れるのは「アキ三角(空き三角)」です。

 

【図1】この黒1の一手をコスミと言います(既存の石との関係性で)。

 

 

【図2】もし白1と来ても、黒2と打てばつながります。逆から打っても白2と黒3が入れ替わるだけで同じです。このつながりの特性が「コスミ」という形の特徴です。

 

 

【図3】では、黒から黒1と打つのは効率が良いと言えるでしょうか?この後、白は白2と打ってくれるでしょうか?

 

 

【図4】白は図3のようには打ってくれませんよね。黒石はすでにつながっていますから…。しかし、よく考えてみてください。黒1は必要な石でしょうか?図2の変化を考えれば、黒1は必要ない石ですよね。この形を「アキ三角」といい、「効率の悪い形(愚形)」の一つです。

 

 

【図5(図2再掲)】逆に、空いていない三角(本図の形)は、「石が張った効率の良い形(無駄な石がない形)」だと言えます。

 

 

【図6】空いていない三角が良い形であることを示す事例の一つに、白1のような「千両マガリ」があります。この形は白が非常に良い形です。この後に、競り合いをすると白が優位になりやすい形です(つまり部分的には、黒は正面から戦うべきではない形です)。

 

 

【図7】同じ考え方で、「二段バネ」があります。図のように進行するのが一例ですが、空いていない三角(白1,3,5)ができていて、白の形に無駄がありません。

 

 

【図8】7図の黒の形は、白1が形を崩す急所となります。

 

 

【図9】本図白1の後に黒2のキリを打たれないためにつなぐとアキ三角が2つ出来てしまいます。

 

【図10】黒1に白2と打っても、やはりアキ三角ができてます。

 

 

【図11】他にもアキ三角を作らせる形の一つとして「3目の真ん中」(白1)があります。

 

【図12】黒2とつなぐとその時点でアキ三角ができています。

 

【図13】黒2が筋っぽいですが、白3のキリがウッテガエシの筋をにらむことになります(黒手抜きなら、白4でウッテガエシ)。黒4とつなぐと、アキ三角が2カ所できています。

 

 

 

 

 

 

(結果的に)「アキ三角」ができるのが悪い形、「空いていない三角」ができるのが良い形とおさえましょう。

もちろん例外はあります。上述の理屈で考えれば明白で、黒1(左図)が必要な理由があれば、そこに無駄はありませんから愚形ではありませんただそこは例外なのでまた別の機会に触れましょう。

 

アキ三角もサカレ形同様、最初のうちは気づきづらいものですし、サカレ形よりも「いつの間にかなっていた」と感じるものです。ですが、「なる」からには原因があります。その原因を一つ一つ見直していくのが「石の形」をよくする、しいては「部分効率」を理解する第一歩です。