前回は、部分効率のお話の1つ目で、接触時の形であるハネとノビの形について触れました。

今回から次々回にかけて、「石の形」と言われたときに必ず最初に思い浮かべて欲しい「基本悪形」の3つについて触れたいと思います。

 

 

今回のお話はサカレ形です。

まず重要なことを言っておくと、これは定義も大事ですが、それ以上に「なぜサカレ形がマズいのか」が重要です。これが分かっているかいないかでは雲泥の差があります。必ずおさえましょう。

 

【図1-1】(定義)サカレ形とは、石が接触した状態で、一方のみの主要な石同士が分断されていることです(この場合、黒がサカレ形で良くない)。

 

 

 

 

【図1-2】これも黒のサカレ形です。サカレ形が悪い理由は、両方の石の面倒を見なければならない点です。面倒を見るべき石の集団は、白は1つ(白□)であるのに対し、黒は2つ(黒○と黒△)。交互に打つなら黒の方が不利ですよね。白の方が効率が良く、黒の方が効率が悪いわけです。

 

 

【図2-1】実際に、初心者の対局で多いのがこのパターン、相手の石を無理矢理取りに行こうとして、自分の石が守り切れなくなるパターンです。相手の一つの集団を二つの集団で追いかけていては上手く行きませんよね。交互に手番が回るわけですし。

 

 

【図3-1】置き碁でよくあるのがこういう打ち込み(白1)です。この打ち込みに対する対処を間違って、サカレ形を作ってしまうことがよくあります。

 

【図3-2】とりあえず分断されまい、と黒2とツケるのですが、進んでみるといつの間にか黒石が白石に接触した形で分断されてしまいました。サカレ形になっているため、黒が悪いです。

 

【図3-3】黒2で反対側にツケても同じことです。やはりサカレ形に導かれてしまいます。

 

 

【図3-4】(+α)こういう場合は手抜きして別々で対処するのが正しい手段です。白1と打ち込んだものの、同じ高さに黒がいるのでヒラキやスベリが打てず、白はここで陣地を作るのは一苦労です。図は一例ですが、黒2とトビ、白3のトビに対して、高さが低くなった黒2子を考慮して黒4とツケ、モタレ攻めを狙うのがセオリーです。

 

 

 

 

【図4-1】こういうツケとノゾキ(黒1と黒3)もサカレ形で、良くありません。これも結果的に白の一手に対し、黒は両側の世話をすることになりかねません。

 

 

【図4-2】そのため、通常はサカレ形を避けて、一路離して打つことが通例です。これなら先ほどよりも「一手で双方への影響がある」という状況を避けられます。

 

 

逆に、相手にサカレ形を強要させることは、(自分にとって)良いことです。ここからは手筋や定石の類を見ていきましょう。

 

 

【図5-1】黒がピンチのように見えますが、実はサカレ形を強要するチャンスが来ています。

 

 

 

 

 

【図5-2】黒1から黒3,5のコンビネーションが正解です。これで白にサカレ形を強要できます。以下、黒7のあとは右上の白2子の世話をしなくては取られてしまうので、やはり「2つの石の世話」を強要できています。

 

 

【図5-3】逆から当てていくのは、車の後押し(→次々回更新分にて扱います)かつ右上白に余裕ができます。そのため、黒が良くありません。

 

 

 

 

【図6-1】黒番です。相手にサカレ形を強要するにはどうしますか?

 

 

 

 

【図6-2】黒1のツケが正解です。

 

 

【図6-3】白2とノビると、先ほどの筋で左方の白のダメが詰まり、身動きが取りづらいです(白が良くない)。

 

 

【図6-4】黒1といきなりアテるのは、黒が良くありません。車の後押しで、先ほどと比較して、左方の白は、余裕がある形になってしまいます。

 

 

最初に結論として述べたように、重要なのはサカレ形がなぜ悪いのか、です。これをおさえてください。実践面としては、サカレ形を自分は避けて、相手に強要することが大切です。

とはいえ、最初のうちは無意識にサカレ形を打っていることが非常に多いです。たとえ理屈として理解していたとしても、この可能性は避けられません。最初は相手や周囲の人に気づかせてもらうことが多いかも知れません。でもそれにめげずに、自分で一歩一歩気づけるようになってくると、目が慣れてきた証拠です。そうしたらサカレ形を避けるにはどうしたらよいのかを考えたり、避けるためにはどうしたらよかったのかを訊いたりすることができるようになってきます。そうやって少しずつサカレ形を減らしていきましょう。