キリチガイの基本棋理(部分効率Web版⑥)

このシリーズも6回目です。早いですねぇ。

前回は石のつなぎ方で、カタツギとカケツギについて触れました。

前回までは、悪形を中心に触れてきましたが、今回は良い形、特に守り方について学んでいきたいと思います。 今回のテ...

でも、このとき思ったはずです。

ツギを打つ前に切られたらどうしよう…。

ということで、今回は、キリチガイについて触れようと思います。

キリチガイに関する格言は、2つあります。

「キリチガイ一方ノビよ」「キリチガイ一方アテよ」の2つです。

どういうときにどちらを選ぶのか、そしてそれはどういう理由に基づくのでしょうか?

今回は、キリチガイに対する受けを中心に触れていきます。

【図1-1】白1,3とキリチガイを打たれたところです。黒はどのように対処しますか?

【図1-2】アテを打つと白に勢いが出ます。図は一例ですが、白6に黒7と守らざるを得ず、白8と隅の黒2子が取られてしまいました。

【図1-3】黒1とノビを打つのが正解です。これにより、白に勢いがつきません。白6までが定石ですが、黒は黒7と攻め続けることができます(互角の進行)。

【図1-4】ノビと言っても、こちらのノビは不適切です。白2が好手で、黒3には白4以下が黒をサカレ形にする手筋です。白10まで黒2子が分断されてしまい、黒が良くありません。

【図1-5】黒3も白4と打たれ、黒5とつながろうとしても、白6から分断されます。(黒が良くない)

【図2-1】さて、今度は黒はどのように対処するのが良いでしょうか?

【図2-2】黒1とノビると、白2と取られてしまいます(白良し)。

【図2-3】黒1とノビるのは、図の進行となり、隅の白地が大きく、まだ白1子(黒5の一路上)の動きだしが残っています(白良し)。黒はこの後、白に対して何の狙いもない手入れを強制されます。

【図2-4】ここは黒1とおまじないをしてから、黒3のアテが正しい対応です(おまじないについては、テーマから外れるので割愛)。白をサカレ形にでき、白1子(黒5の一路上)は動けません(下辺の白に利きが残っているため)。

以上の内容を踏まえると、以下のようなことが基本事項だと言えます。

サカレ形(自分に)できないようにノビ
サカレ形(相手に)できるようにアテ
③「小さく取れる石」があれば、アテて小さく取る

 

①、②についてここまで触れてきた通りです。これから③のお話をしましょう。

【図3-1】ここで述べた「小さく取れる石」というのは、図の白1のような石のことです。

(なお、「全局的」には3-1図の白1はタイミング的に早すぎるので、味を付けたことに満足して、白は別なところに打つのが相場だと考えられます。)

【図3-2】黒1でカカエれば、最小限の「味」に留めることができます。これが「小さく取る」ということです。

【図3-3】黒1には白4までの応手が一例です。この程度のコウの味は、(黒にとって)仕方がないところです。

【図3-4】黒1のヒキでは黒が少々不満です。黒7と2子を取っても白10などと打てば、白のサバキは成功でしょう。

【図3-5】もっと厳しく打つなら、黒1のサガリでしょう。ですが、白10までとなると白がサバけそうな形になりました(黒の2子取りが見合いのような形)。

【図3-6】図3-2で示した「小さく取る(味を消すように取る)」というのは重要な概念です。黒1などと余計なアテを打つと白4などと切られ、堂々と生きられてしまう可能性があります。

【図3-7】かといって、アテてツグの(黒1→黒3)もあまり良くありません。これでは黒地が完全に白地になってしまいました。

【図3-8】手順を変えて考えると前図の黒1、黒3が「悪い理由」がよく分かります。本図黒1に白2と打った後、黒3とは打ちませんよね。黒3ではなく、切られている黒1子を助けますよね。実際この形だと、白3と打つのはアキ三角の位置にもなってます。

※なお、前図黒1、3のような手は「出戻り」の一種です(証明は本図の通り)。

このように、余計なアテを打つと「味残り」になってしまい、その味をカバーするために、手入れが必要になります。

逆に言ってしまえば、小さく取る、(相手に)サカレ形を作るなどの目的がない限り、アテは悪いと言えます。

さらに換言すると、小さく取る、(相手に)サカレ形を作るといった行為は、非常に「効率」が良いとも言えるでしょう。

今回のまとめを再掲します。

サカレ形(自分に)できないようにノビ
サカレ形(相手に)できるようにアテ
③「小さく取れる石」があれば、アテて小さく取る

最後に頭の中を整理する上で重要なことをこっそりと言っておきましょう。

一番軸とすべきは①です。加えてこれを換言するならば、

①自分の石がある方向へノビる

その上で自分の石ではなく、相手の石があるならば②を適用しましょう。

ただアテは強制手ですので、その前に一工夫用意することもあります(上述の例のように)。

③は実際①や②を考えることよりも早く「カラダ」が動くことが望ましいです。小さく取って味を解消することは、キリチガイ以外の場面でも出てきます。

なので、③と①②はセットでも必要ですが、③単体でも考えることができるとなお良しです。

以上のように、キリチガイの基本事項を述べてきましたが、「例外」はあります。それはそれで「その応手はどういう意味で『効率』が良いのか」を捉えれば、自ずとキリチガイが分かってくるでしょう。(おわり)

前回は、キリチガイについて触れました。 今回は、部分のお話で最も重要な「石を取る効率」について、ポン抜きの話を絡めなが...