一間トビ ―下ツケとマガリトビ―(部分効率Web版⑩)

前回は、一間トビのお話の前半で、ナラビとの比較として、ワリコミとノゾキに関して触れました。

ここまで石が接触したときの形として、様々な形に触れてきました。 今回からは相手の石と少し離れているときの形を見ていきたいと思います。 ...

今回は、一間トビにおける「つながり」のお話の後半です。後半はツケ(下ツケ)のお話を中心にマガリトビにも触れていきます。

2線の下ツケとマガリトビ

【図1-1】テーマ図1です。黒1のツメに対して白2で手を抜いたところに、黒3と打ち込んできました。このとき白4の一間トビは隙がある手です。

【図1-2】一間の間を利用した技として下ツケによるワタリがあります(黒5)。

【図1-3】白6とハネて分断したいところですが、逆に白の一間トビの間が分断されて、黒につながられてしまいます。

【図1-4】これは一間の間が空いているからこそ成立する手段です。ナラビ(白4)のときは通用しません。(かといって、白4と打つのは部分的に非効率でオススメできません)

【図1-4】では、先ほどは黒1のツメに手を抜きましたが、今度は白2と一間トビで補強しました。黒3ともし打ち込んできたらどうするのがよろしいでしょうか?

【図1-5】白4のマガリトビが好手で、これで実は先ほどのワタリの筋が成立していません。

【図1-6】実際、下ツケを打たれても、こちらをハネれば…

【図1-7】Aのキリがあるため、黒はAに手を戻す必要があり、黒3の石を白から制することができます。

【図1-8】ただし、反対からハネてはマガリトビの意味がありません。

【図1-9】なお、このつながるためのツケを2線ではないところでやると……、ポン抜きを許すことになりますね。以前述べた通り、多くの場合「ポン抜き>サカレ形」の定理に従うことになるため、2線以外でこのタイプのツケを有効手段にするのは難しいです。

【図1-10】この下ツケは2線の下ツケだからこそ有効性が高いものです。2線だとポン抜きをしたとしても、これではポン抜きが生きてくる場所がほとんどありませんので価値が低いと考えることができます。

【図2-1】一間トビの状態ならマガリトビを打てば下ツケによるワタリを防げることはわかりました。では、黒3に対してどのように受けるのが白は正しいでしょうか?

【図2-2】下ツケを意識した打ち方としてコスミがあります。これだと下ツケからのワタリは成立しません。

【図2-3】コスミに下ツケをされたとしても、白10まできっちり分断することができます。

【図2-4】これも逆からハネてはいけません。白は前図のように綺麗に分断できません。

【図2-5】ただコスミと言っても、先に示した白4もあれば、本図に示す白4もあります。この違いについては次回扱います(今回は一間トビの話が主題なので)。今回は下ツケを防ぐ手段としてコスミがあることをおさえてください。

マガリトビと両ノゾキ

【図3-1】さて、話をマガリトビの方に戻します。テーマ図2に移行します。 

【図3-2】マガリトビの形を見た瞬間、黒1のような両ノゾキが怖いと思った方はいないでしょうか?

【図3-3】実際いきなり両ノゾキされるのは、あまり怖い手ではありません。白4まで受けた格好を見るといかにも黒のダメが詰まりそうな恰好をしてます。

【図3-4】キリを打たれて封鎖された(ように見えた)としても、白8,10のツケギリが好手です。これで黒2子は助かりません。

【図3-5】アタリが来たとしても無視して分断すればダメが詰まっているのでとれてます。

【図3-6】逆のアタリでも同様に考えればいけますね。

【図4-1】では、テーマ図2のところで、黒1と受けてきてそれから先の両ノゾキを狙ってきたとしましょう。今度は前図までの手段は通用しません。

【図4-2】よく棋書に載ってる手筋として白2があるので、この手が浮かんだ方がいるのではないでしょうか。まずこれについてみていきたいと思います。

【図4-3】黒3と分断してきたら、白4から整形します。これで両ノゾキの筋は消えました。

【図4-4】逆に黒3と打ってきたら、この場合は白4から整形します。

【図4-5】白4と救出するのは、黒5以下まくられ、分断される危険性があります。

【図4-6】このとき着目すべきは、白2の犠打を放っている点です。犠打を放ち、黒1の集団を安全にしてまで両ノゾキを頑張って防ぐ必要があったでしょうか?

【図4-7】必要ありません。ということで、図4-1黒1に対する正しい応手は白2の一間トビです。

【図4-8】黒3の両ノゾキに対しては、白4以下マガリトビした一子を軽くみて十分整形できます。白8まで利くのはうれしい所ですね。

【図4-9】白8に対して黒9と分断するのは、白10以下黒石がとられてしまいます。

【図4-10】なお、長々とお話ししたオキの手筋は、ボウシなどされていて上部脱出や整形が急務のときの手法です。

ということで、一間トビの基本のお話はこれにて終わりです。

前回のワリコミとノゾキ、今回の下ツケとマガリトビのお話、いかがだったでしょうか?

基本としては、一間トビの「一間」がいかに狙いどころなのか、そしていかに間違って狙ってはいけない場所なのか、を理解できればGoodです!

たかが一間トビ、されど一間トビの世界です。

何気ない手でも、一手一手大切にしていけば、手が精錬されていき、棋力が上がっていくことは間違いないでしょう。